太陽光発電ストリングチェッカ「IVH-1000Z」>>前画面に戻る

住宅などの太陽電池施工現場で簡単に発電容量測定ができます。
ストリング(1直列)単位で測定できるので、最大出力の比較判定が簡単に行えます。
IVH-1000Z
特 徴
  • 太陽光発電の発電能力をⅠ-Ⅴ(電流-電圧)特性として波形と数値で測定できます。
  • 自動測定スタート機能で簡単に測定が可能です。
  • 使いやすい4つのボタン操作です。
  • 1回の測定で各種のデータ取得が出来ます(◆短路電流=Isc ◆開放電圧=Voc ◆最大出力=Pm ◆曲線因子=FF)

IVH-1000Zの操作手順

仕様イメージ
1. 「F2(測定)」ボタンを押します。
2. 測定リードを太陽電池に接続(無極性)します。
3. 接続後1秒経過すると自動測定を開始します。
4. 測定結果表示後、測定リードを外します。
5. 結果保存の場合は「F1」ボタンを押し保存します。

IVH-1000Z 仕様

項目 IVH-1000Z
電圧測定有効範囲 20V~1000V 表示分解能 1V
電力測定範囲 10kW 表示分解能 0.1kW
データメモリ数 400件
時計機能 有り
測定時間 約1秒・放電ウエイト無し

管理ソフトSDT-1600(標準添付)

仕様イメージ
・顧客情報登録
・測定データの表示確認
・メンテナンスデータ保存
・施工業者情報
・顧客レポート作成

IVH-1000Z レンタル価格

機種 日極 月極
IVH-1000Z \5,000 \100,000
※上記の価格は1日の基本レンタル料になります。
※最低レンタル期間は3日間からとさせて頂きます。
※レンタル価格は「税別」です。
【注意事項】 ≪太陽光発電検査機器のレンタルについて≫ 太陽光発電検査機器のレンタルに関しましては、『一般社団法人 太陽光発電検査協会』で取り扱っております。
下記バナーよりアクセスして頂き、リンク先でレンタルの手続きをお願い致します。

ページトップへ戻る