ハンディサーチ NJJ-105>>前画面に戻る

電磁波をコンクリートの表面から内部に向けて放射し、対象物からの反射信号を受信することにより、鉄筋や空洞などの位置や深さを画像表示・記録します。
設計図面に「NJJ-105同等以上の機能を有する探査機を使用」と表記される場合に、ご使用頂ける高性能探査機です。
ハンディサーチ NJJ-105
特 徴
  • 深度75mm時および175mm時に鉄筋間隔40mmの鉄筋を判別可能。
  • 探査密度を5mmから2.5mm毎に高密度化。
  • IrDAによりケーブルレスで専用モノクロプリンタ(オプション)での直接印刷が簡単。
  • 約1.2kgと軽量のため片手で容易に操作できます。
  • 一回の探査で15m分のデータを保存・再生できます。

新機能

・従来の画像処理(原画、固定、減算、マニュアル、ピーク)に加え、平均波処理とユーザー表面波処理を追加。
・測定距離表示を2倍にするワイドレンジ表示機能を追加。
・電源終了時の設定を記憶させる機能を追加することによって、次回探査開始時の時間短縮に貢献。
・深度校正値を2.0~20.0まで0.1ステップで設定可能。

用途例

・コンクリートアンカー工事
・コア抜き工事
・コンクリート建造物改修工事
・空調設備工事
・ガス工事
・コンクリート建造物調査診断
・電機設備工事
・水道工事
・コンクリート橋梁完成検査工事

操作方法

コンクリートの断面を画像として表示するので探査対象に対して直角に交わる方向に操作をします。
鉄筋断面が山形の画像に変わって表示されます。

ハンディサーチ NJJ-105 仕様

方式 電磁波レーダ方式
探査対象物 鉄筋、塩ビ管、空洞など
かぶり厚さ 5~300mm
(コンクリートの比誘電率6.2、鉄筋径6mm以上で上場筋の場合)
かぶり分解能 浅モード:約1mm、深モード:約2mm
水平方向分解能 深度75mm未満にある探査対象物:75mm以上
深度75mm以上にある探査対象物:深度以上の間隔
※標準コンクリートでの実測値
(深度75mm時及び175mm時に鉄筋間隔40mmの鉄筋を判別可能)
水平方向距離分解能 2.5mm
最大探査距離 15m
表示モード Bモード(垂直断面図)、BAモード(垂直断面図、反射波形表示)
画像処理 探査時:リアルタイム自動表面波処理、リアルタイムマニュアル減算処理、リアルタイムユーザー表面波処理
非探査時:固定表面波処理、ユーザー表面波処理、減算処理、マニュアル表面波処理、平均波処理、ピーク処理、原画再生処理
ディスプレイ TFTカラー液晶(640×480ドット)
深度校正 2.0~20.0 0.1ステップ
最大走査速度 約40cm/s 速度超過ブザーあり
制御機能 画面マーカ(最大7点)、バッテリー容量表示、画面反転
出力機能 専用プリンタ出力機能(IrDA)
探査データ保存機能
保存数
コンパクトフラッシュにデータ保存。メモリ容量1GB使用時約
200本(15m探査データをバイナリ形式で保存)
温度範囲 0°C~+50°C
電源 バッテリパック、ACアダプタ(オプション)
連続使用時間 約1.5時間(バッテリパック満充電時)
構造 簡易防滴構造
寸法 約149(W)×147(H)×216(D)mm
質量 約1.2kg(バッテリパック含む)

NJJ-105 レンタル価格

機種 日極 月極
ハンディサーチ NJJ-105 \10,000 \200,000
※上記の価格は1日の基本レンタル料になります。
※最低レンタル期間は3日間からとさせて頂きます。
※レンタル価格は「税別」です。
【レンタル期間について】 ≪発送の場合≫ 機器のご利用開始日から弊社へご返送頂いた日までをレンタル期間日とさせて頂きます。
※ご利用開始日の前日に届くよう発送させて頂きます。 ≪弊社にて受渡の場合≫
  • ご来店頂いた日からご返却頂いた日までをレンタル期間とさせて頂きます(受渡時間が15時以降の場合は翌日から)
【注意事項】
  • お客様の過失による故障・破損が判明した場合は、別途ご請求させて頂きます。
  • レンタル期間延長の場合は、なるべく早くご連絡ください。但し、ご希望に添えない場合があります。
  • 新規取引につきましては、前払いにて申し受けます。

ページトップへ戻る